ROOTOTE NEWS

コラボ

Collaboration:【生誕60周年記念 くまのパディントン™展 】× ROOTOTE
2018.02.13
Collaboration:【生誕60周年記念 くまのパディントン™展 】× ROOTOTE

40以上の言語で翻訳・出版され世界中で愛され続けている児童小説『パディントン』シリーズの生誕60周年を記念した展覧会が、2018年2月8日(木)〜3月4日(日)美術館「えき」KYOTOでの開催をかわきりに、3月10日(土)〜4月15日(日)に福岡アジア美術館、4月28日(土)〜6月25日(月)にBunkamura ザ・ミュージアム(東京)、7月6日(金)~8月26日(日)に奥田元宋・小由女美術館(広島)で開催されるほか、各地へ巡回予定。
展覧会のオリジナルトートバッグとしてROOTOTEがコラボレーションしました。ほっこりしたデザインに癒されます。ぜひ展覧会場に足を運んでゲットしてください。

【front】
paddington_front_w500.jpg
【back】
paddington_back_w500.jpg

商品情報

価格: 2500円(税別)
サイズ: W40 x H 39 x D9cm
ポケット: 外側1ヶ所、内側2か所
※ROOTOTE GALLERYでのお取り扱いはございません。

【生誕60周年記念 くまのパディントン™展】
児童小説『パディントン』シリーズは、40以上の言語で翻訳・出版され世界中で愛され続けています。この物語の主人公は子ぐまのパディントン。南米のペルーからたったひとりでイギリスまで旅してきた彼が、ロンドンのパディントン駅でブラウン夫妻に出会い家族として迎えられ、さまざまな冒険談とともに街の人気者になっていくというお話は、1956年、原作者のマイケル・ボンド氏(1926-2017)が妻にクリスマスのプレゼントとして贈ったくまのぬいぐるみから始まりました。ダッフルコートに帽子をまとったお茶目で紳士なパディントンが繰り広げる物語に、魅了されている方は多いのではないでしょうか。
パディントン生誕60周年記念、また91歳で逝去されたボンド氏への追悼の意を込めた本展では、児童書の挿絵でおなじみのペギー・フォートナムをはじめ各作家による絵本などの原画と、世界中で出版された書籍、生みの親であるボンド氏の仕事道具や貴重なインタビュー映像などによって、世代や性別、国を越えて親しまれるパディントンの世界を紹介します。

2018年2月8日(木)〜3月4日(日)美術館「えき」KYOTO

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1802.html

2018年3月10日(土)〜4月15日(日)福岡アジア美術館
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home

2018年4月28日(土)〜6月25日(月)Bunkamura ザ・ミュージアム

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_paddington.html

2018年7月6日(金)~8月26日(日)奥田元宋・小由女美術館
http://www.genso-sayume.jp/index2.html

※休館日は各館にお問合せください。

その後、各地巡回予定。

■商品のお求めに関するお問い合わせ■
㈱アートボックスTEL 06-6271-1010

ROOTOTE(ルートート)について
「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」がコンセプトのトートバッグ専門ブランドです。使用シーンに最適な大きさや形、豊富なデザインバリエーションを常に提案しています。普段使いに便利な機能を備えたデザインは、お気に入りのルートートを探す楽しさを幅広い年代の方に感じて頂けるはず。限定品やコラボレーション企画も多数展開しています。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がアイデンティティです。

HP:http://ROOTOTE.jp
Twitter:http://twitter.com/rootote
Instagram:http://instagram.com/rootote
Facebook:https://www.facebook.com/rootote.jp
Line@:http://rootote.jp/news/shop/line_rtg_201605/
WEAR:http://wear.jp/rootote/
YouTube:https://www.youtube.com/user/ROOTOTEjapan

※このページの情報は掲載時点のものです。

アーカイブ