1. ホーム
  2. ニュース
  3. まもなく開催【子ども支援】各界の著名人32組が参加!第17回 ROOTOTEチャリティーイベント

まもなく開催【子ども支援】各界の著名人32組が参加!第17回 ROOTOTEチャリティーイベント

2023.08.17
  • ニュース
  • チャリティーイベント

各界の著名人が参加するトートバッグ作品の
チャリティーオークション開催

ROOTOTEのアートを表現するために生まれた無地のトートバッグ「トート・アズ・キャンバス」に、主旨に賛同いただいた全32組の各界の著名人がトートバッグ作品を制作。その世界に1つだけの作品を集めた展覧会を、8月23日(水)から代官山のモンキーギャラリーでスタート、8月30日(水)からは「ヤフオク!」にて、作品のチャリティーオークションを実施いたします。

第17回ROOTOTEチャリティーイベントの作品の全売上金(※)は
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ寄付し、
国内で経済的に困難な状況にある
家庭の子どもたちなどへの支援に役立てられます。

WEBギャラリー作品順次公開!

第17回 ROOTOTEチャリティーイベント

<開催概要>
第17回 ROOTOTEチャリティーイベント
~トートバッグで、みんなに笑顔を~

展覧会
日程 2023年8月23日(水)〜9月5日(火)
会場 モンキーギャラリー(代官山)
時間 10:00~19:00
入場 無料

チャリティーオークション
日程 2023年8月30日(水)〜9月5日(火)
チャリティーオークションサイト 
ヤフオク!  http://auctions.yahoo.co.jp/
カテゴリから探す→チャリティー

・オークションページはオークション期間中のみの掲示となります。
・オークション終了時刻は作品によって異なります。
・ヤフオク!の利用については「ヤフオク!のご利用ガイド」をご覧ください。
※ヤフオク!の規約によりヤフオク!落札手数料5.5%(税込)を除く全額が寄付されます。

イベント ハッシュタグ #RTチャリティー

<参加著名人>(50音順、敬称略) 全32組

浅田 芭路 (女優 (子役))
新井 恵理那(フリーアナウンサー)
市川 染五郎(八代目) (歌舞伎俳優)
伊藤 美誠(卓球日本代表選手)
IMALU (タレント)
ウルフルケイスケ&藤井 華丸 (ウサギター)(ミュージシャン)
大熊 和奏 (声優)
オータケハヤト(ROCK’A’TRENCH) (ミュージシャン)
OCHA NORMA (歌手・アーティスト)
柏レイソル(プロサッカークラブ/Jリーグ)
桂由美 (ブライダルファッションデザイナー)
刈川 くるみ (フリーアナウンサー)
木田 優夫 (北海道日本ハムファイターズ・ファーム監督)
北澤 豪 (元サッカー日本代表)
国山 ハセン (映像プロデューサー)
後藤 楽々 (フリーアナウンサー)
鈴村 健一 (声優)
永尾 柚乃 (女優 (子役))
中川 絵美里 (フリーアナウンサー)
成田 悠輔 (経済学者)
林 佑香 (フリーアナウンサー)
早田 ひな (卓球日本代表選手)
BEYOOOOONDS (歌手・アーティスト)
平野 美宇 (卓球日本代表選手)
マーシュ彩 (モデル・タレント・女優)
前田 玲奈 (声優)
松田 美瑠 (松本幸四郎長女)
松本 幸四郎(十代目) (歌舞伎俳優)
もう中学生 (芸人)
モグライダー (芸人)
横溝 菜帆 (女優/モデル)
吉田 沙保里 (元女子レスリング日本代表)

WEBギャラリー作品順次公開!

<寄付金について >

第17回ROOTOTEチャリティーイベントの作品の売上金は全額、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付され、国内で経済的に困難な状況にある家庭の子どもたちなどへの支援に役立てられます。

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの国内貧困問題の支援活動(一部)
「子どもの食 応援ボックス」
 国内の子どもたちの食の状況改善を目的として「子どもの食 応援ボックス」の提供を実施しています。
子どもたちの夏休みや冬休みの長期休暇に合わせ、多数の企業と連携し、食料品、文具などを約5,000世帯に
送付しています。
「ハロー!ベビーボックス」
 育児費用の軽減を目的とし、新生児に必要な育児用品を提供する事業です。
「子ども給付金~新入学サポート」
 中学校・高校に入学する際に関わる費用の一部を給付します。
※上記の事業は、世帯収入などの申し込み条件を満たし、審査を通った方が対象となります。

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
https://www.savechildren.or.jp/

<トート・アズ・キャンバス>

そもそもトートバッグは 「キャンバス」 素材で出来ているのだから、それ自体が絵を描くための 「キャンバス」であってもいいはず! 多くの人に、絵を描く楽しさや表現する楽しさ、また、それが鑑賞される楽しさを感じてもらいたいという思い、そしてそのトートバッグを持った人々が行き交う街はギャラリーのようになって楽しいのではというコンセプトから2003年10月に生まれたROOTOTEの無地のトートバッグです。 「トート・アズ・キャンバス」は商品のみならず、コミュニケーションデザインとして評価され、2004年度グッドデザイン賞(商品デザイン部門/身のまわり商品)を受賞しています。

News

ニュース