ROOTOTE NEWS

メディア掲載情報

『プチプラキャンプ』で掲載されました。ゴミ箱になるトートバッグルー・ガービッジ
2021.09.30
『プチプラキャンプ』で掲載されました。ゴミ箱になるトートバッグルー・ガービッジ

トートバッグ専門ブランドROOTOTE(ルートート)のゴミ箱になるトートバッグ「ルー・ガービッジ」が、扶桑社の発行するキャンプムック本『コスパ重視で賢くキャンプできる!プチプラキャンプ』(2021年9月30日発売)で、アウトドア初心者向けの便利グッズとして紹介されました。

968201re_w510.jpg
968201bkre_w510.jpg

■商品情報
ルー・ガービッジ.F-30L-B(9682 01 SORT2) 770円
サイズ:W30×H40×D20cm 持ち手長さ:24.5cm
素材:ポリプロピレン ドットボタン ポケット:外側1箇所
芯材:80%PETボトル再生ポリエステル

picnic_968201_w510.jpg

■ROO Garbage(ルー・ガービッジ)について:
市販のゴミ袋を簡単にセットでき、屋外・屋内を問わずゴミ箱として使うことができるトートバッグです。『ゴミは思い出と共に持ち帰ろう』という想いから、2012年にROOTOTEが開発し、様々なバリエーションを展開しています。ROOTOTEがお届けするのは「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」。かっこよくて持ち運びしやすいアウトドア用のゴミ箱があれば、楽しいお出かけをだいなしにするポイ捨てごみがなくなるのではないかと考えたのが開発のきっかけです。「ルー・ガービッジ」は、ハンドル付きで間口が広いので、拾ったゴミを入れやすく持ち運びもしやすい、ほかにはないプロダクト。街のクリーンアップやビーチクリーンなどでも広く活用されています。小物類や予備のゴミ袋はサイドのルーポケットへ。使わないときは折り畳んでコンパクトに持ち運びができます。

05_Resail_GBG_w2000jpg_w510.jpg

▼使い方動画はこちら

ROOTOTE(ルートート)について
2001年の誕生以来、「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」をお届けしているトートバッグ専門ブランド。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がアイデンティティです。ひとりひとりの個性や価値観を大切にしながら、お気に入りが見つかる豊富なデザインバリエーションを提案しています。
ROOTOTEはトートバッグを通じて世界に感動を広げ、社会をより良くするメディアであることをミッションに、アート、エコ、カルチャーなど、さまざまな分野でコラボレーションやプロジェクトを展開。世界一のトートバッグブランドを目指しています。

- Official Account -
HP     https://ROOTOTE.jp
Twitter  https://twitter.com/rootote
Instagram https://instagram.com/rootote
Facebook https://www.facebook.com/rootote.jp
LINE   https://line.me/R/ti/p/@roototegallery
WEAR  https://wear.jp/rootote/
YouTube https://www.youtube.com/user/ROOTOTEjapan


NEW TOPICS
ヨットのセイル(帆)から生まれた、海の環境美化に役立つトートバッグ:多数メディアで紹介されています
【9月30日開催】ピンクリボンセミナー湘南2021に参加

※このページの情報は掲載時点のものです。

アーカイブ