ROOTOTE NEWS

イベント

ルー・ガービッジでSDGsをテーマにした体験学習。浜松・雄踏小学校
2021.03.22

トートバッグ専門ブランドROOTOTE(ルートート)は、浜松市立雄踏小学校5年生が1年間にわたり総合学習で進めてきた環境問題やSDGsをテーマにした体験学習と発表会に参加。ゴミ箱にもなるトートバッグ「ルー・ガービッジ」を使ったデザイン体験と、完成したエコバッグを持参して地域の商店街でお買いものすることによるエコバッグ体験にお使いいただきました。

■体験学習の様子
yuto_1_202103_w1020.jpg
5年生児童一人一人が、まずはデザイン案を作成。

yuto_2_202103_w1020.jpg
図工の授業でデザイン案をもとにルー・ガービッジにお絵描き。

yuto_3_202103_w1020.jpg
オリジナルのエコバッグが完成!

yuto_4_202103_w1020.jpg
発表会ではエコバッグの披露と、1年間の環境問題やSDGsに関する学びの成果を発表。

yuto_5_202103_w1020.jpg
商店街で自身で作ったエコバッグを使ったお買いもの体験が行われました。

■ 参 考 ■「ルー・ガービッジ」について
軽量で大容量。収納力抜群の本体にかさばりがちなアウトドア用品を入れてお出かけ。現地でポリ袋をセットすればダストボックスに早変わり。ゴミの持ち帰りやゴミ出しもスマートに行なえます。『ゴミは思い出と共に持ち帰ろう』という想いから生まれた、屋内外で使え、ゴミ箱にもなるトートバッグ「ルー・ガービッジ」は、市販のポリ袋にジャストフィットするサイズで展開。もちろんインテリアとしても活躍します。
また、いつでも携帯して屋内外問わず使うことができ、市販のゴミ袋を簡単にセットして持ち運べるため、ゴミ拾い活動やビーチクリーン活動など、ポイ捨てゴミのソリューションとしてその活用の幅がさらに広がっています。

roo_garbage_howtouse_20130730.jpg

ROOTOTE(ルートート)について
「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」がコンセプトのトートバッグ専門ブランドです。使用シーンに最適な大きさや形、豊富なデザインバリエーションを常に提案しています。普段使いに便利な機能を備えたデザインは、お気に入りのルートートを探す楽しさを幅広い年代の方に感じて頂けるはず。限定品やコラボレーション企画も多数展開しています。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がアイデンティティです。

- Official Account -
HP     https://ROOTOTE.jp
Twitter  https://twitter.com/rootote
Instagram https://instagram.com/rootote
Facebook https://www.facebook.com/rootote.jp
LINE   https://line.me/R/ti/p/@roototegallery
WEAR  https://wear.jp/rootote/
YouTube https://www.youtube.com/user/ROOTOTEjapan


NEW TOPICS
|Product|「洗濯機で洗えば、気持ちいい!」洗濯機で丸洗いできる楽しいデザイン!ROOTOTEのポータブルエコバッグ
|Product|洗濯機で丸洗いできる楽しいデザイン!ROOTOTEのポータブルエコバッグLINE UP


※このページの情報は掲載時点のものです。

アーカイブ