1. ホーム
  2. ニュース
  3. 『キネマ旬報』創刊100周年を祝うルートート

『キネマ旬報』創刊100周年を祝うルートート

2024.05.24
  • ニュース
  • プロダクト
  • コラボ
  • 映画・演芸

ー2024.05.24追記 お問い合わせ多数につき最後の期間延長! 5/29までお申し込み可能になりました。
ー2024.05.10公開


1919年、4人の学生により創刊された映画雑誌『キネマ旬報』。
創刊第一号の印刷部数は500部で総ページ数は4ページ。B4サイズのアート紙を二つ折りにした、現在と同じB5版のものでした。

『キネマ旬報』創刊100年を記念して、『キネマ旬報』第一号の4ページをトートの表面と中面にそのまま配したコラボトートバッグが完成。6月27日発売予定の創刊100年記念ムック『ベスト・オブ・キネマ旬報(仮題)』 【キネ旬オンラインショップ特別限定セット】の記念グッズとしてプレゼントされます。

トートの正面に配した創刊号表紙に記された「私どもは活動寫眞が並はずれて好きなのであります。」から始まる“御あいさつ”から、当時の編集者たちの想いを感じ取ることができます。

トートバッグ専門ブランドROOTOTEは、すべての人の「好き」を応援し、「楽しい」でつなげることを大切にしているブランド。並外れた映画好きたちによって生まれ、いまも映画の魅力を発信し続ける『キネマ旬報』の想いに共感し完成させた、映画好きによる映画好きのためのコラボレーショントートです。

『ベスト・オブ・キネマ旬報(仮題)』 【キネ旬オンラインショップ特別限定セット】のお申し込み締切は、5月25日(土) 5月29日(水)24時 まで。キネマ旬報社の公式オンラインショップでどうぞ。

あなたのお名前を「100周年記念ムック」に刻んでみませんか!
『ベスト・オブ・キネマ旬報(仮題)』 【キネ旬オンラインショップ特別限定セット】
『キネマ旬報』創刊100周年記念ムック『ベスト・オブ・キネマ旬報(仮題)』にあなたのお名前を掲載し、「『キネマ旬報』創刊100周年を祝うルートート」とともにお届けします。
¥11,000(税込) 
※コラボトートのみでの販売はしておりません。
※トートバッグの画像はイメージです。実際の商品と異なる場合がございますのでご了承ください。


創刊号をプリントした、ROOTOTEコラボトートのここにも注目!
●表紙にアメリカの女優マルガリータ・フィッシャーとドロシー・ギッシュの写真が並んでいますが、実は写真のキャプションが逆になっています。「大変な醜態であったが、それでも僕らは嬉しくて仕方がなかった」と、創刊メンバーのひとりが記した「『キネマ旬報』を創刊した頃」に残されています。100周年記念コラボトートバッグも、当時のレイアウトそのままにプリントしています。

●『ベスト・オブ・キネマ旬報(仮題)』や、通常の『キネマ旬報』を入れて持ち歩くことができるサイズ(約H37㎝xW26㎝)につくったコラボトートバッグは、いつでもどこでも、お出かけに使いやすいサイズです。

●ROOTOTEのアイデンティティでもあるカンガルーのおなかのようなルーポケットは、創刊号をあますところなく楽しむため透明に。映画のチケットなどを入れるのにもぴったりの仕様です。

●創刊号の表紙と裏表紙を表面に配置。内側には、中面を配置しました。


― ROOTOTE(ルートート)について
2001年の誕生以来、「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」をお届けしているトートバッグ専門ブランド。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がアイデンティティです。ひとりひとりの個性や価値観を大切にしながら、お気に入りが見つかる豊富なデザインバリエーションを提案しています。
ROOTOTEはトートバッグを通じて世界に感動を広げ、社会をより良くするメディアであることをミッションに、アート、エコ、カルチャーなど、さまざまな分野でコラボレーションやプロジェクトを展開。世界一のトートバッグブランドを目指しています。
HP  https://ROOTOTE.jp
X(Twitter)  https://twitter.com/rootote
Instagram  https://instagram.com/rootote
Facebook  https://www.facebook.com/rootote.jp
LINE  https://line.me/R/ti/p/@roototegallery
WEAR  https://wear.jp/rootote/
YouTube  https://www.youtube.com/user/ROOTOTEjapan

検索

月別アーカイブ

News

ニュース