1. ホーム
  2. ニュース
  3. 〈CAMP PARK RAFT × ROOTOTE〉学んだことを”事業”として実践する学生たちを応援

〈CAMP PARK RAFT × ROOTOTE〉学んだことを”事業”として実践する学生たちを応援

2022.11.21
  • ニュース
  • コラボ
  • ベーストート
  • エコ・社会貢献
  • 教育・学び

通信制の星槎大学・星槎国際高等学校に通う学生たちが技術を授業で学び、スタッフと共にそれらを実践的に、“事業”として運営することを目的に活動を行うRAFT PROJECTSの活動に、トートバッグ専門ブランドROOTOTEが賛同。『ゴミは思い出と共に持ち帰ろう』という想いから生まれたアウトドア用のゴミ箱になるトート“ルー・ガービッジ”で、このプロジェクトの一つとして運営されているキャンプ場 CAMP PARK RAFT とコラボレーション。オリジナルデザインで販売しています。

価 格:1,650円(税込)
サイズ: W30×H40×D20cm
ポケット: 外側1ヶ所


星槎グループ HP
https://www.seisagroup.jp/

星槎国際高等学校
https://seisa.ed.jp/

RAFT PROJECT
https://raft.bz/

CAMP PARK RAFT
https://raft.bz/camp-park
https://www.instagram.com/camp_park_raft/


■「ルー・ガービッジ」について
市販のゴミ袋を簡単にセットでき、屋外・屋内を問わずゴミ箱として使うことができるトートバッグです。『ゴミは思い出と共に持ち帰ろう』という想いから、2012年にROOTOTEが開発し、様々なバリエーションを展開しています。ROOTOTEがお届けするのは「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」。かっこよくて持ち運びしやすいアウトドア用のゴミ箱があれば、楽しいお出かけをだいなしにするポイ捨てごみがなくなるのではないかと考えたのが開発のきっかけです。「ルー・ガービッジ」は、ハンドル付きで間口が広いので、拾ったゴミを入れやすく持ち運びもしやすい、ほかにはないプロダクト。街のクリーンアップやビーチクリーンなどでも広く活用されています。小物類や予備のゴミ袋はサイドのルーポケットへ。使わないときは折り畳んでコンパクトに持ち運びができます。


ROOTOTE(ルートート)について
2001年の誕生以来、「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」をお届けしているトートバッグ専門ブランド。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がアイデンティティです。ひとりひとりの個性や価値観を大切にしながら、お気に入りが見つかる豊富なデザインバリエーションを提案しています。
ROOTOTEはトートバッグを通じて世界に感動を広げ、社会をより良くするメディアであることをミッションに、アート、エコ、カルチャーなど、さまざまな分野でコラボレーションやプロジェクトを展開。世界一のトートバッグブランドを目指しています。


- Official Account -
HP     https://ROOTOTE.jp
X(Twitter) https://twitter.com/rootote
Instagram https://instagram.com/rootote
Facebook https://www.facebook.com/rootote.jp
LINE   https://line.me/R/ti/p/@roototegallery
WEAR https://wear.jp/rootote/
YouTube https://www.youtube.com/user/ROOTOTEjapan

News

ニュース