ROOTOTE NEWS

オリジナルイベント

参加者募集中!IID 世田谷ものづくり学校で子どもワークショップ開催!
2010.07.13

 毎年、IID 世田谷ものづくり学校で開催されている夏休み企画、
"KIDS WORKSHOP IN SUMMER - 子どもの体験教室-" 

ROOTOTEのトート・アズ・キャンバス デザインアワード事務局では、
第4回目となる子どもたちのためのワークショップを開催することとなりました。

tote-as-canvas.jpg

今年のテーマは「いきもの」。
古着のはぎれを使ってROOTOTEの真っ白なトートバッグ
「トート・アズ・キャンバス」をデザインします。

出来上がった作品は、その場で一般公募のデザインコンテスト
「ルートート・トート・アズ・キャンバス・デザインアワード」に
その場でエントリーすることができますよ。

トート・アズ・キャンバスが、子どもたちのための「キャンバス」に!
親子でひとつの作品を作ってみませんか?

こちらは昨年の模様。楽しみながらデザインに取り組んでくれています。

締切は7月29日(木)となっています。みなさんの参加をお待ちしています!
iid200901.JPG         

iid200902.JPG iid200903.JPG※デザイン例

 

≪ワークショップ詳細≫

■タイトル : 古着のはぎれを使って、白いトートバッグをデザインしよう!

■内容
ROOTOTEの真っ白なトートバッグ 「トート・アズ・キャンバス」を
絵のキャンバス代わりにして、お気に入りの古着を切ったはぎれを貼ったり、
直接布用ペンで絵を書いたりしてデザインしてみよう!
今年のテーマは「いきもの」。動物でも魚でも植物でもOK!
例えばペット、水族館で見た熱帯魚、古代の恐竜に思いを馳せて描いてもいいかも。
出来上がった作品は、その場で一般公募のデザインコンテスト
「ルートート トート・アズ・キャンバス・デザインアワード」
その場でエントリーすることもできます。

■概要・詳細
・日 時: 2010年7月31日(土) 10:00~12:00
・場 所: IID 世田谷ものづくり学校 (東京都世田谷区池尻2-4-5) 2A教室  アクセス  
・参加費:1組2,000円  (当日支払) 
    ※材料のトートバッグ1枚 (サイズ:40cm、1,575円) 込。
     布用のペンと、はぎれやリボンなどのパーツはこちらで少々ご用意します。
・持ち物:はさみ(布切り用) 、古着などのはぎれ
      床で作業しますので、汚れてもよい服装でお越しください。
    ※トートに描きたい物があれば、資料(写真など)をお持ちください。
    ※トートに貼りたい材料があればお持ちください。(リボン、ボタン、ビーズ等) 
・定 員:20組(40名) 
・対 象:子ども (小学生未満のお子様は大人の方とご参加ください) <応御相談>
・主 催:株式会社スーパープランニング/ ROOTOTE 
・協 力:IID 世田谷ものづくり学校、株式会社マービー  



iiid200904.JPG

・講 師:絵子猫(えこねこ) (※昨年に続き2回め)

プロフィール:4世代同居のママイラストレーター。
雑誌や書籍、広告、TVCMなどへのイラスト提供や、高速道路には200Mを超える
巨大仮囲いアートも展開。日テレ『おしゃれイズム』のスタジオアートを担当し、
放送後にはYahoo検索キーワードになるなど話題を呼んだ。個展活動をはじめ海外
エキシビジョンにも数多く参加するなど国内外で幅広く活躍している。
≫ホームページはコチラ 
≫ブログはコチラ     

 

★ワークショップ お申し込み方法・お問合せ★


参加人数、氏名、お子様の学年(または年齢)、電話番号(出来れば携帯)をご記入の上、
当サイト内の専用フォームから、または電話でお申し込みください。 TEL:03-3464-3766 (平日)

締切:7月29日(木)〈それ以降はお電話でご相談下さい。〉

 

iid200905.JPG携帯電話用専用フォームはこちらから

 

●「KIDSWORKSHOP」について
 KIDSWORKSHOPは、IIDが主催している、子ども向け・親子向けのワークショップイベントです。
 他にもたくさんのワークショップが開催されています。詳しくは下記からご覧ください。
 (当ワークショップの事も記載されています)
主催 : IID 世田谷ものづくり学校
後援 : 世田谷区、世田谷区教育委員会

●トート・アズ・キャンバス・デザインワークショップについて
過去3回のレポートはこちらをご参考下さい。

2009年度  ・2008年度  ・2007年度

 

※このページの情報は掲載時点のものです。

アーカイブ