トート・アズ・キャンバス

ROOTOTE Charity Event

ROOTOTE Charity Eventとは?

トートバッグ専門ブランドROOTOTE(ルートート)のアートを楽しむための白無地のトートバッグ「トート・アズ・キャンバス」に主旨に賛同いただいた各界の著名人の方々にトートバッグ作品を制作していただき、その作品の無料展覧会とチャリティーオークションを開催。
チャリティーオークションの落札金の全額は、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ寄付し、子ども達の支援活動のために役立てられます。


本企画は、トートバッグブランド「ROOTOTE(ルートート)」の社会貢献活動として、2007年より毎年行われ、第1回(2007年)~第15回(2021年)、のべ1,026組の著名人の方々がご参加、展覧会を通じて多くの方に本企画のご理解をいただき、チャリティーオークションによる売上金は、第15回(2021年)までで6,175万円の売上となり、全額寄付を行なってまいりました。

<ご参考:これまでの寄付金について>
2007~2010年まで、チャリティー作品の売上金はセーブ・ザ・チルドレンの紛争地の子どもたちへの教育支援に役立ててまいりました。2011年より2015年までセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの“5か年計画”に基づき、子どもの権利を基盤とした東日本大震災復興支援活動に寄付。
2016年より熊本地震緊急支援、2018年は熊本地震復興支援と平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の緊急支援、2019年は平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の復興支援に寄付、被災された子ども達のために活用されました。
2020年からは新型コロナウイルス感染症緊急子ども支援に活用されています。
※セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへの寄付金額となります。全チャリティー作品の落札金全額と会場募金等を含む。
※作品提供者数は日本での開催分のみの合計となります。

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン