トート・アズ・キャンバス

2017年 第14回 TOTE AS CANVAS ART & DESIGN AWARDS

第14回 ROOTOTE トート・アズ・キャンバス デザインアワード

織り機としてのTOTE、縦糸としてのCANVAS
  • TAC2017_31_2.jpg
  • TAC2017_31_3.jpg
NO.031 ricdさん 会社員

作品名 織り機としてのTOTE、縦糸としてのCANVAS

年齢 : 25歳

性別 : 女性

制作日数 : 30日

作品についてのコメント :
キャンバスの生地を割いて縦糸にすることで、トートバッグ本体を織り機にしています。横糸を直接織り込み、立体的な織りに仕上げました。
ルートートならではの形のポケットをメインに、ネームタグ、ドローイングキャンバス地もデザインに入れ込みました。
ポケットは手を入れると、とっても暖かいポケットになりました。タイトルもASにかけたネーミングです。

画材 :
糸、毛糸、綿、ツイルコード

プロフィール:
染織をしております。ろうけつ染め、織りを主に、椿をモチーフにした作品作り、色遊びを意識した色彩でテキスタイルを制作しております。

苦労した点やアピールポイントなど :
通常の織りでは縦糸は細く本数も多いのですが、キャンバス生地を割いて縦糸にしているので平たく太く本数も少ない為スムーズに織れず時間がかかりました。今回の色彩は蛍光色のピンクで目を惹くものにしました。実際に触った時の柔らかさ暖かさを伝えたいです。