トート・アズ・キャンバス

ROOTOTE Charity Event
【熊本支援】各界の著名人が参加するトートバッグ・チャリティー作品展&オークション開催決定!
2018.04.13
【熊本支援】各界の著名人が参加するトートバッグ・チャリティー作品展&オークション開催決定!

株式会社スーパープランニング(本社:静岡県浜松市/代表取締役:神谷敬久)が展開するトートバッグ専門ブランドROOTOTE(ルートート)主催「第12回 ROOTOTEチャリティーイベント」を、2018年6月に開催いたします。
ROOTOTEの無地のトートバッグ「トート・アズ・キャンバス」に、主旨に賛同した各界著名人がアートワークを施した約50作品が6/26(火)より代官山モンキーギャラリーに登場。翌日6/27(水)より「ヤフオク!」にてチャリティーネットオークションを実施いたします。

SC_logo_bilingual_Japanese.jpg
第12回 ROOTOTEチャリティーイベントの作品の全売上金は、
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付し、
熊本地震で被災された子どもたちへの支援に役立てられます。


WEBギャラリー含む
第12回 ROOTOTEチャリティーイベント特設サイトは
4/25OPEN!!
「第12回 ROOTOTEチャリティーイベント」
~トートバッグで、みんなに笑顔を~

【展覧会】
日程 2018年6月26日(火)〜7月3 日(火)
時間 10:00〜19:00
会場 MONKEY GALLERY
    東京都渋谷区猿楽町12-8
入場 無料

【チャリティーオークション】
日程 2018年6月27日(水)〜7月3 日(火)
サイト ヤフオク!
      カテゴリから探す→チャリティー→被災地支援チャリティー
※オークションページはオークション期間中のみの掲示となります。
  オークション終了時刻は作品によって異なります。
※ヤフオク!の利用については「ヤフオク!の利用登録」をご覧ください。

MON_G_map_big.jpg
▲モンキーギャラリー地図

【参加著名人】(50音順、敬称略) 2017年4月16日現在 22組
新井 恵理那(フリーアナウンサー)
井口 資仁(プロ野球監督/千葉ロッテマリーンズ)
伊藤 美誠(卓球選手)
ウルフルケイスケ&藤井 華丸(ウサギター)(ミュージシャン)  
オータケハヤト(ドラマー/作曲家)
柏レイソル(プロサッカークラブ / Jリーグ)
川田 裕美(フリーアナウンサー)
ナマイザワクリス(現代アーティスト)
こぶしファクトリー(歌手)
斉藤 アリス(モデル・ライター)
佐竹 玲奈(女子トランポリン選手)
三四郎(芸人)
武尊(K-1 WORLD GP三階級制覇世界王者)
つばきファクトリー (歌手)
鳥谷 敬(プロ野球選手/阪神タイガース所属)
ノン子とのび太のアニメスクランブル(文化放送 超!A&G+ ラジオ番組)
林家 たい平(落語家)
早田 ひな (卓球選手)
福西 崇史 (元サッカー日本代表)
萬田 久子(女優 )
三戸 なつめ(モデル・アーティスト)
村田 倫子(モデル)
...and more!

TAC2017_ - 6.jpg
TAC2017_ - 10.jpg
▲第11回(2017年開催)の様子

<寄付金について >
第12回 ROOTOTEチャリティーイベントの作品の売上金は全額、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じて熊本地震で被災された子どもたちへの支援に活用させていただきます。
<公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの熊本地震における活動>
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、地震発生翌日の2016年4月15日以降、熊本県益城町において、子どもたちや保護者へのニーズ調査に基づいた緊急・復興支援を続けています。 これまでに、離乳食やおしりふき等の支援物資を配布したほか、益城町の5ヶ所の避難所で、子どもが安心・安全に過ごすことのできる「こどもひろば」の活動を実施してきました。5月13日までの「こどもひろば」の利用者は、のべ約2,100人に上りました。また、学用品、防災用品の配布や給付金の提供などを行い、2017年2月末までに約18,141人に支援を届けました。現在も、給食センターが被災した益城町の小・中学校で保護者の経済的負担削減のため給食の支援を行うほか、修学旅行や学用品購入などのための給付金の提供を続けています。
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 熊本地震 緊急・復興支援レポート

<過去開催データ >
【寄付額合計41,304,950円・作品提供者数のべ833組】
2007~2010年まで、チャリティー作品の売上金はセーブ・ザ・チルドレンのグローバルキャンペーン"Rewrite the Future いっしょに描こう!子どもの未来"へ全額寄付を行い、紛争地の子どもたちの教育支援に役立ててまいりました。2011年より2015年までセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの "5か年計画"に基づき、子どもの権利を基盤とした東日本大震災復興支援活動に寄付、活用させていただきました。2016年より熊本地震で被災された子ども達のために活用されています。
※セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへの寄付金額となります。全チャリティー作品の落札金全額と会場募金等を含む。※作品提供者数は日本での開催分のみの合計となります。

<「トート・アズ・キャンバス」について >
TAC_pac01.jpg
そもそもトートバッグは 「キャンバス」 素材で出来ているのだから、それ自体が絵を描くための 「キャンバス」であってもいいはず!
多くの人に、絵を描く楽しさや表現する楽しさ、また、それが鑑賞される楽しさを感じてもらいたいという思い、そしてそのトートバッグを持った人々が行き交う街はギャラリーのようになって楽しいのではというコンセプトから2003年10月に生まれたROOTOTEの無地のトートバッグです。
「トート・アズ・キャンバス」は商品のみならず、コミュニケーションデザインとして評価され、2004年度グッドデザイン賞(商品デザイン部門/身のまわり商品)を受賞しています。

第11回特設ページはコチラ
第12回特設ページは4/25OPEN。

アーカイブ