トート・アズ・キャンバス

第9回 ifs 未来研究所 ROOTOTE Charity Event

第9回 ROOTOTEチャリティーイベント in ifs 未来研究所

ヘビーユーズ
  • 2015_ikeda_tetsuhiro_02.jpg
  • 2015_ikeda_tetsuhiro_03.jpg
  • 2015_ikeda_tetsuhiro_04.jpg
  • 2015_ikeda_tetsuhiro_05.jpg
  • 2015_ikeda_tetsuhiro_06.jpg
  • 2015_ikeda_tetsuhiro_07.jpg
池田鉄洋 オークションはこちら
池田鉄洋 俳優、作家、演出家

作品名 ヘビーユーズ

作品についてのコメント
震災直後から舞台の稽古を開始した私は、日々の暮らしに追われ、いつか、なにかしらで、どなたかの、お力になれたらと、そう願うばかりでした。つまり無力でした。今回、この企画のお話をいただき、ようやく微力を発揮できたのではないかと、参加させていただけること、とてもとても嬉しくおもっております。
実際に使っていただくことを前提にしたデザイン(?)になっております。そのせいで、持つのにちょっと恥ずかしい感じになってしまいましたが、使い倒していただけると幸いです。

画材
布用油性ペン

プロフィール
1993年より猫のホテルに参加(2012年退団)。 CM、テレビドラマなどで幅広く活躍中。他劇団からの出演要請も多く、阿佐ヶ谷スパイダースには4回出演。その他、「ア・ラ・カルト2」「4four」などの舞台出演。ドラマでは 「医龍」「TRICK」シリ ーズのほか、NHK「サラリーマンNEO」「額縁をくぐって物語の中へ」等。また、映画「ライアーゲーム」「マエストロ!」 など、映像での露出も多く、すべての作品で強烈な個性を発揮している。作・演出としては、表現・さわやかでのコント作品以外にも、舞台「バブー・オブ・ザ・ベイビー - UNDEAD OR UNALIVE -」(出演・脚本・演出)「BACK STAGE」(出演・脚本・演出)などを外部での演出をはじめ、ドラマ「家族八景」「子育てプレイ」「子育てプレイ&MORE」や映画 「行け!男子高校演劇部」の脚本執筆等、活躍の場を広げている。2011年には小説『行け!男子高校演劇部』、2013年には「問題小説」などで連載をしていた短編集「ミックスサンドイッチ」が上梓される。

WEBサイト
表現・さわやか ホームーページ
表現・さわやか公式Facebook
アスタリスク