トート・アズ・キャンバス

第9回 ifs 未来研究所 ROOTOTE Charity Event

第9回 ROOTOTEチャリティーイベント in ifs 未来研究所

OPEN BOOKS
  • 2015_haba_yoshitaka_02.jpg
  • 2015_haba_yoshitaka_03.jpg
  • 2015_haba_yoshitaka_04.jpg
  • 2015_haba_yoshitaka_05.jpg
幅允孝 オークションはこちら
幅允孝 ブックディレクター

作品名 OPEN BOOKS

作品についてのコメント
職業柄、本をモチーフにしたトートバッグにしました。本に関する本を並べたのですが、中央のイラストはなぜか『魔女の宅急便』の1シーン。不思議な骨董屋さんの店内を覗き込むキキのように、見知らぬ本を開いてもらえたらいいな、という気持ちでつくりました。弊社スタッフによる手作り感満載の立体仕様(よく見てもらうとキキが3Dになっているはずです...)なので見苦しい点があるかも知れませんが、案外うまくできたと思っています。お気に入りの本でも入れてみてください。

画材
紙(本)/木片糸

プロフィール
1976年愛知県津島市生まれ。BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。未知なる本を手にしてもらう機会をつくるため、本屋と異業種を結びつけたり、病院や企業ライブラリーの制作をしている。代表的な場所として、国立新美術館『SOUVENIR FROM TOKYO』や『Brooklyn Parlor』、伊勢丹新宿店『ビューティアポセカリー』、『CIBONE』、『la kagu』など。その活動範囲は本の居場所と共に多岐にわたり、編集、執筆も手掛けている。著書に『本なんて読まなくたっていいのだけれど、』、『幅書店の88冊』、『つかう本』。『本の声を聴け ブックディレクター幅允孝の仕事』(著・高瀬毅/文藝春秋)も刊行中。愛知県立芸術大学非常勤講師。
がんばってつくります。

WEBサイト
公式サイト
Facebook