トート・アズ・キャンバス

2014年 第8回 ROOTOTE Charity Event

第8回 ROOTOTEチャリティーイベント

七転八起
  • 2014_jero_03.jpg
  • 2014_jero_04.jpg
  • 2014_jero_07.jpg
ジェロ オークションはこちら
ジェロ 演歌歌手

作品名 七転八起

作品についてのコメント
昨年のコンサートのタイトルが「七転八起(ななころびやおき)」だったのですが、子どもたちには何があってもくじけず、何度でも立ち上がってほしいので、この言葉がぴったりだと思いました。

画材
転写プリント、油性ペン

プロフィール
日本人である祖母の影響を受け、幼少より演歌を聴き始める。 大好きな祖母を喜ばせる為に演歌を歌い始めるうちに、自身が演歌の虜となる。その後、ピッツバーグ大学に進学し、情報科学を専攻。その一方で演歌の魅力にますますとりつかれ、2003年、演歌歌手になる為に来日。コンピュータエンジニアとして仕事をしながら、アマチュア演歌歌手として精力的に活動を続け、各地のカラオケ大会で数々の好成績を残していたところをビクターエンタテインメントにスカウトされる。
2年に及ぶボーカルトレーニングを経て、2008年2月20日「海雪」でデビュー。オリコン総合シングルチャートでの初登場第4位は、演歌・歌謡曲の新人ソロ歌手として史上初のベスト10入りを果たすとともに過去最高位を記録。そして、「ベストヒット歌謡祭」「日本有線大賞」「日本レコード大賞」という音楽賞のすべてにおいて最優秀新人賞を獲得するとともに、念願の「紅白歌合戦」への初出場を果たした。 2013年2月20日には、デビュー5周年記念シングル「セレナーデ」 (安全地帯の玉置浩二の作曲、尾崎豊のプロデューサーとしても知られる須藤晃の作詞)をリリース。


そして、2014年4月23日には1年ぶりのシングル「なきむし倶楽部」(ヒットメーカー山川啓介の作詞、「メモリーグラス」の堀江淳の作曲)をリリース。

ミュージカルへの出演など活動の場を広げる、アメリカ人演歌歌手。


WEBサイト
オフィシャルウエブサイト
オフィシャルブログ「サビぬき」
twitter